2017/07 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
特設ネタ
 〜管理人Mc.OKAZAKI の日記みたいな雑記〜
←カレンダーで過去分が表示されます。デフォルト表示は最新の書き込み分です。

2017/07/23 (日)

函館・中京・福島開催の最後でようやく糸口を掴んだ感じ

函館2歳ステークス(函館芝1200m、2歳限定GV)
2歳馬にとって最初の重賞競走。かつてはステップとなるOP特別戦もあったのですが、今は完全に新馬戦(未勝利戦)→ここなので、ともかく物差しが足りないのが予想を難しくさせているレースです。
まぁ逆に難しく考えても仕方が無いレース。騎手・血統・新馬戦の勝ちタイムと出走馬のレベルから推測するしかありません。なので、新馬戦は逃げてちょい差しに屈したものの、2戦目で中段から差して圧勝したカシアス(1番人気、キンシャサノキセキ産駒・浜中騎手)と、そのカシアスを新馬戦で差したナンヨープランタン(2番人気・ルーラーシップ産駒・岩田騎手)から流す三連複でひとまずいいかな、と。3番人気のベイビーキャズは地味なアルデバラン2産駒と新馬戦が1000m戦だった点で消し。単にルメールで人気になってるだけだと思われるので。
結果・・・


.

勝ったのは人気のカシアスでしたが、2着に地味血統・新馬戦のタイムも平凡・そして騎乗予定の松岡騎手が土曜日に落馬負傷のため丹内騎手に乗り替わった12番人気のウインジェルベーラが入る波乱。しかももう1頭の軸馬のナンヨープランタンが追い込み届かず6着ではお話になりません。やはりこのレースは難しいですな。


中京記念(中京芝1600m、GV)
最悪の戦績で最終週を迎えたこの初夏のローカル開催。最後を飾るのが、トリッキーな中京コースで行われるハンデ重賞。17年連続1番人気馬が勝っていない事実からも、函館2歳S以上に難関と言えます。
ここはもう、勝ち馬を探すよりも3着内に入る馬を探して、そこからワイドで買うしかないかな、と。三連系の馬券なんて絶対獲れそうにありませんし。そこで白羽の矢を立てたのが2番人気のグランシルク。ここのところずっと、重賞を使えば3着、OP特別を使えば2着と、そんなに本賞金を加算したくないのかwと思える成績を重ねていますが、それだけに相手なりに走ってくれる馬。それに戸田博文調教師が福永騎手を乗せてくる時は勝負駆け、というのは一部で知られています(まぁ結果に繋がるとは言い切れませんがw)。
相手本戦は5番人気ながら、前走勝利時の映像を何度も観て、その再現に津村騎手がかなり力を入れているとの情報があるウインガニオン。あとは近走重賞でも崩れていない安定感に鞍上が川田に強化される6番人気マイネルアウラート、古川騎手との相性抜群なのに、地味な存在から人気になっていない8番人気のグァンチャーレまで。ワイド勝負なのでこれ以上手は広げられません。
結果・・・


.

これは津村騎手の努力の成果の好騎乗!ウインガニオンがトウショウピストが逃げるのをペースメーカーにして、直線でインコースからエンジン全開にして後続を寄せ付けない圧勝。情報通り勝負駆けだったグランシルクが2着。1番人気のブラックムーンも最内の経済コースを通って3着を確保・・・でもまた1番人気が勝てないこのレースのジンクスを継承してしまいましたね。
馬券は大本線のグランシルク=ウインガニオンのワイドがドンピシャ的中!グランシルクは久しぶりに本賞金を加算出来ましたねw グァンチャーレとマイネルアウラートは揃って大敗しただけに、相手選びはまだまだ反省の余地がありますが。

この日は函館最終でも8番人気コパノチャンスの複勝1本釣りを決め、久々のプラス収支でようやく復調モード。夏競馬の後半戦、何とかここまでの損失を取り戻したいと思います。



本日のBGM:カメリアの瞳(『緋弾のアリア』ED)


2017/07/22 (土)

なのははまだまだオワコンなんかじゃない!

本日より上映が始まった『劇場版 魔法少女リリカルなのはReflection』を早速劇場に観に行ってきました(初日舞台挨拶ライブビューイング回)。実に5年ぶりのなのは新作です!


舞台は闇の書事件から2年後の世界。なのは・フェイト・はやては小学5年生で11歳。まだ19歳のBBAになる前、そろそろお赤飯の時期です(コラ
自分の故郷と重篤の父親を救うため、はやての闇の書が必要になった異世界の少女・キリエの襲撃を受けるなのはたち。キリエの暴走を止めるべく後を追って来た姉のアミティエなどの新たな登場人物を交え、全編の半分近くを占める魔法・魔砲・剣術・肉弾のアクションシーンが展開します。そして終盤、本性を現す真の黒幕・・・しかし物語は来年の続編へ続きます。
なのはシリーズの真髄たる派手なバトル(勿論スターライトブレイカーも炸裂します!)、全裸変身シーンw、そして時々怪しくなる作画まで、良くも悪くも完全になのはシリーズの正統派続編でした。
購入物はパンフのみ。1,500円と少し値は張りますが、オリジナルコミックを含むオールカラー88Pの分厚い装丁で納得と行ったところでしょうか。
第1週の来場者プレゼントはキャラクターステッカー。一緒に行った後輩の分も貰いましたが、どちらも今作の新キャラでした。


観に行ったのは日本橋のTOHOシネマズだったのですが・・・何と公開初日にも関わらず、ポスターや広告を一切打ってないと言う(^_^; 確かにオサレなビルの一角にある劇場でしたが、その雰囲気にそぐわないと判断されたのか、シアターに入るまで一切なのはの絵がないのは流石にどうもね・・・。
映画を観た後、アキバに移動したらいきなり中央通りを劇場版なのはのアドトレーラーが走ってたりw 日本橋では表に出せないコンテンツが、アキバでは一番目立つ形で闊歩してました。


なのはが今回装備しているのは総合火砲支援システム・フォートレスモード。複合武装のストライクカノン、浮遊シールドのディフェンサー、そしてスターライトブレイカーをも凌ぐ威力を発揮した電磁砲パイルスマッシャー・・・なのはさんの火力インフラが止まりません!


映画の後は久しぶりにアキバの『ローストビーフ大野』で和牛ローストビーフ丼とビールで乾杯。うず高く積まれたトロットロの和牛がたまりません♪
その後は浴衣イベントが開催されているZOIDに移動して、2時間ほど浴衣のうなじをガン見w 真夏の夜の淫夢は続くのでした。



本日のBGM:SECRET AMBITION(『魔法少女リリカルなのはStrikerS』OP)


a-News+ 1.47

Diary Last Update : 2017/07/23 23:12:36
 当サイト「Mc-LINERS」は、私Mc.OKAZAKIのイラストギャラリーです
 Microsoft Internet Explorer 8.0にて閲覧確認をしております。
 全ての文章・画像の、無断転載・無断複製はしないでください(そういうときはご連絡ください)。
 ・・・Mc-LINERS BUNNER・・・
http://mc-liners.main.jp/img/bnr1.jpg
リンクについて
このサイトは、サークル「INDexlabel」のお仲間サイトです

tinami♪さーふぁーずぱらだいす
Mc-LINERS  All rights reserved. copyright(c) circle INDex Label.