2018/09 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
特設ネタ
 〜管理人Mc.OKAZAKI の日記みたいな雑記〜
←カレンダーで過去分が表示されます。デフォルト表示は最新の書き込み分です。

2018/09/24 (月)

週刊艦これ。

いよいよ前段作戦最終作戦、E-3第3ゲージの破壊です!


前述の通り、第3ゲージの破壊は連合艦隊・機動部隊編成で行います。第1艦隊はこんな感じで。
空母は赤城・蒼龍・飛龍。赤城には特効があるとされている九九艦爆(熟練)と九七艦攻(熟練)を装備。江草隊・友永隊があれば更に良かったんですが、普通に彗星・天山に機種転換してますよね・・・。
重巡は引き続き古鷹と加古が参戦。そして制空補助兼ボスマスでドッカン姫と軽空母の攻撃を吸い上げるデコイとして伊14を投入。ちなみに回避力を上げるために高速化を施しています。


第2艦隊はほぼメンバーを替えず連撃装備で。魚雷カットインを託す阿武隈は6番艦に据えました。基地航空隊は引き続き二式大艇+陸上戦闘機+陸攻+陸攻でボスマス集中、支援艦隊は決戦支援のみです。


前段作戦最強の敵、護衛独還姫・・・略称ドッカン姫。軽空母のくせにやたら装甲値が堅く、並の攻撃では倒す事は難しいです。
しかも肝心の特効期待の赤城の攻撃が全くドッカン姫を攻撃せず・・・。随伴のダブルダイソンが、その名の通りこちらの全ての攻撃を吸い上げる嫌らしい働きを続け、削り段階では一度もドッカン姫を倒せない絶望的な戦いが続きます。


ラスダンに入り、壊modeに入ると更に装甲強化。駆逐艦の連撃程度ではカスダメしか入りません。ここは特効持ちの利根・筑摩の連撃と、切り札の阿武隈の魚雷カットインに賭けるしかありません。


夜戦前になると、ようやく友軍艦隊が現れてくれますが・・・何とも不安になる友軍艦隊だな(;´д`)
それでも編成にサラトガやイントレピッドがいてくれると、強力な夜間空襲を掛けてくれるのである程度のダメージが期待出来ます。一方、ガンビア・ベイとサミュエル、旗風、松風の編成だと・・・(お察し)


そんな地獄のドッカン姫とのラスダンが続く中、やっと出ました新艦娘の岸波!これでクリア後の掘りの心配がなくなりました。


性能的には普通の夕雲型駆逐艦。活躍期間が短かった事もあってか、運は10と低めに設定されています。


延々と続くラスダンの中、ついに奇跡が訪れます。
基地航空隊も決戦支援艦隊もあまり仕事をせず、昼戦終了時でドッカン姫は健在の上に随伴艦を3隻残し、第2艦隊は1隻が大破。友軍艦隊はサラトガ、ガンビアベイ、サミュエルという「あ、これは今回もダメだ」という状況の中、サラトガが夜間空襲を決め、更に第2艦隊の戦闘可能艦の攻撃が全てドッカン姫に行くという奇跡中の奇跡が起き、最後は阿武隈の魚雷カットインが大ダメージを叩き出してドッカン姫撃沈。
随伴がこれだけ残っている状況で・・・何度でも言いますが、これは本当に奇跡というものです。


ドヤ顔している赤城さんですが、赤城+九九艦爆+九七艦攻の攻撃は「一度も」ドッカン姫に行きませんでした・・・。それと、普段装甲空母を使い慣れていると、中破で戦闘不能になる通常空母は何とも歯痒いです。
デコイ役の伊14は非常に良い仕事をしてくれましたね。


E-3海域全体を通して、利根・筑摩・阿武隈は獅子奮迅の活躍をしてくれました。やはりここで切っておいて良かったです。


E-3甲作戦の突破報酬は勲章x1、戦闘詳報x1、九七式艦攻(九三一空/熟練)、Ju87C改二(KMX搭載機)。優秀な艦載対潜攻撃機が2つ入手出来るのは嬉しいですね。


九七式艦攻(九三一空/熟練)は九七式艦攻(九三一空)の上位互換。対潜9は貴重ですが、航続距離の問題から基地航空隊では使い難いのが難点。1-5随伴軽空母に乗せますか。


Ju87C改二(KMX搭載機)は後の海域を甲突破する事で、更に上位性能機が貰えますが、これはこれで貴重な対潜爆撃機なので貰っておいて損はないです。


これまた対潜9は貴重。こちらも基地航空隊よりは1-5随伴艦載機として重宝しそうです。


そして海域突破報酬の護衛空母神鷹!岸波に続いて新艦娘を立て続けに入手です。ドイツ製の商船を改造して空母にしただけあって、欧州娘の姿をした日本の護衛空母という特殊な立ち位置です。


初期装備は零戦52型と九七艦攻。艦載機スロットは9・18・6。使い方・育て方は大鷹と一緒で良いのかな?
運は9と低め。改装後これと言った活躍のないまま、深夜の船団護衛中に米潜水艦の魚雷を受け、火だるまになって沈んだ悲劇的な最期でしたからねぇ。


ヴィクトリーショットは赤城・・・ですが、先述の通りあまり大きな活躍はしてません(汗 むしろ阿武隈辺りにMVPをあげたいですね。


セイロン島の港湾施設を破壊し、アッズ環礁の泊地を撃滅して、インド洋の制海権を確保した我が鎮守府・・・インド洋の制圧は確か3回目だよな?(遠い目)


やっとこれで前段作戦終了。ゲージ6本割った訳ですし、もうここまでで十分「中規模」イベントですよ。
しかし戦いはまだ半分終わったばかり。つーか、先行組によると「E-4までで半分、残りはE-5」なんて声もちらほら・・・


E-4は地中海決戦。ジェノヴァの風・・・そしてこのちびっこフォルムのボス!イタリアンなロリっ子駆逐艦が、下着をチラつかせて待ってるぜ!



本日のBGM:わたしのつばさ(『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』ED)


2018/09/23 (日)

東西で新旧皐月賞馬VSダービー馬のガチンコ対決!

神戸新聞杯(阪神芝2400m、3歳限定GU)
今や菊花賞の最有力ステップレースとして知られるこのレース。今年は皐月賞エポカドーロと、ダービー馬ワグネリアンが秋の始動戦にここを選択。更にダービー4着馬のエタリオウ、京都新聞杯馬のステイフーリッシュも参戦し、ハイレベルな前哨戦となっています。
◎は主戦の福永騎手が負傷で乗れないものの、それでもワグネリアンで堅そうです。馬体重+10kgは明らかに成長の証です。一方、1番人気となったエポカドーロはちょっと不安・・・人気の逃げ馬となると当然マークは厳しくなるでしょうし、鞍上の戸崎騎手は関西圏での重賞では割引が必要。馬体重も−4kgというのは成長力に「?」が付きます。ここは思い切って「消し」にしますか。
そんな中、穴馬で注目したのが7番人気のアドマイヤアルバ。ダービーで丸山騎手が下手を打つまでは【2・6・1・0】と底を見せておらず、阪神コースも経験豊富。何より、この手の「人気薄の実力馬」に乗った時の岩田騎手が怖いです。
馬券はワグネリアンとアドマイヤアルバのワイドをメインに、ワグネリアンとエタリオウから中穴に流す三連複を3点。
結果・・・


.

ワグネリアン、視界良好!代打の藤岡康太騎手の好騎乗もあり、ここは菊花賞に堂々の王手です。一方、エポカドーロは不安的中・・・逃げ馬なのに大きく出遅れ、道中もチグハグな走りで4着と馬券圏外からも脱落。まぁあまりにも悪い所が出過ぎたので、今回は参考外にしても良いかと。
2着はさすがのエタリオウ。3着には白百合ステークス→ラジオNIKKEI賞の「残念ダービー」を総獲りした上がり馬・メイショウテッコンが入りましたが、これを押さえておらず馬券はドボン。期待のアドマイヤアルバもブービーと良い所無しでした。



オールカマー(中山芝2200m、GU)
こちらは秋の天皇賞に向けてのステップレース。そしてこちらには昨年の皐月賞馬アルアインと、昨年のダービー馬レイデオロが参戦。奇しくも東西重賞で皐月賞馬VSダービー馬の図式となりました。
軸はレイデオロで堅そうです。ドバイからの遠征明けとなりますが、半年間時間を掛けてじっくり立て直して来ており状態は万全。鞍上もルメールが継続して乗っており、更に鉄板と言えるかと。
そしてこちらも狙いの穴馬が。函館記念を使った後、ここを目標に準備を整えて来た5番人気のエアアンセム。中山コース実績は【2・2・2・2】と高く(あぁ、この馬の新馬戦は後藤騎手だったか・・・)、中山得意の田辺騎手なら3着までには持って来そうです。
馬券はレイデオロとエアアンセムのワイドをメインに、アルアインやミライヘノツバサ(何気にこの馬も中山巧者!)を絡めた三連複勝負。
結果・・・


.

こちらはダービー馬と皐月賞馬がクビ差の大接戦!制したのはダービー馬のレイデオロでした。こちらも秋の天皇賞に向けて視界良好と言ったところでしょうか。
エアアンセムも4着に粘りましたが、私の馬券的中を阻んだのは武豊のダンビュライト・・・復活しなくて良いところで、余計な好走を。そういやコイツも中山巧者でしたっけ・・・。


今週の的中はこの小さなワイド1点だけで、収支は大幅マイナス。うーん、どうもこの秋はいかんですねぇ。



本日のBGM:CARNIVAL・BABEL 〜カルナバル・バベル〜(『BLUE SEED』OP)


a-News+ 1.47

Diary Last Update : 2018/10/21 13:50:23
 当サイト「Mc-LINERS」は、私Mc.OKAZAKIのイラストギャラリーです
 Microsoft Internet Explorer 8.0にて閲覧確認をしております。
 全ての文章・画像の、無断転載・無断複製はしないでください(そういうときはご連絡ください)。
 ・・・Mc-LINERS BUNNER・・・
http://mc-liners.main.jp/img/bnr1.jpg
リンクについて
このサイトは、サークル「INDexlabel」のお仲間サイトです

tinami♪さーふぁーずぱらだいす
Mc-LINERS  All rights reserved. copyright(c) circle INDex Label.