2017/05 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
特設ネタ
 〜管理人Mc.OKAZAKI の日記みたいな雑記〜
←カレンダーで過去分が表示されます。デフォルト表示は最新の書き込み分です。

2017/05/22 (月)

週刊艦これ。

遂に最終章、春イベE-5攻略。かなり長いですが、一気にフィナーレまで駆け抜けます!


今回もオール甲での攻略が進んでいますが、いかんせん時間があまりありません(E-5攻略に着手したのが5/17で、掘りも含めて残り4日という状況)。いつもだと、運営側の何らかの不手際でイベント期間が延長される事が多々あるのですが、今回は特にそういった事もないので告知通りに終わる模様ですし・・・社会人提督にとって最大の敵は時間なのです。


E-5はこれまで制約に苦しめられて来たお札を一切無視出来る、最後のお祭り総力戦。基地航空隊も全力の3部隊展開が出来ます。逆にそれだけの強敵が相手かと思うと、こちらも全力全開の編成で挑まないといけませんな!


と言う事で、E-5攻略艦隊編成。勿論この海域は連合艦隊による出撃です。
編成は機動部隊をチョイス。厄介な潜水艦マスを踏まずに済みますし、軽空母を制空のために置き物にせず全艦で攻撃参加出来るので。更に今回のボスには艦爆に特効があるとの事から、やはりここは機動部隊一択なのかな、と。
直衛の戦艦はアイオワとイタリア。高速艦の上に火力が高く、更に運も高いのが選択理由。これで削り切れない時は大和・武蔵を出そうかな、と。
空母はウチのエースの装甲空母×3と、搭載機の多さ(特に1スロ目)からサラトガを選択。翔鶴・大鳳・サラトガの1スロ目には特効のあるネームド艦爆を配置。瑞鶴は橘花改×艦爆で更にシナジー効果があるとの事から橘花改+艦爆。ボスマスの制空値はあまり高くないものの、道中の空母おばさんマスへの対策で艦戦を7スロ搭載し、あとは村田隊×2+友永隊がメイン火力です。
増設穴が開いている装甲空母には、防空よりも防御を重視して大バルジを乗せています。


第2艦隊は夜戦で絶対S勝利獲るぞ編成。阿武隈+雷巡3隻で開幕雷撃4射線を確保し、防空は特効のある第五艦隊のメンバーから霞の改二乙をチョイスして対空カットイン装備。阿武隈は探照灯+夜偵で夜戦もサポート。火力×1.5倍の特効があるヴェールヌイは連撃装備の上、照明弾でやはり夜戦サポート。そしてそのサポート下で、木曾と大井が連撃装備で火力を引き出し、とどめはやはり北上様の魚雷カットイン。これで決まりだな!


E-5は前段作戦と後段作戦のWゲージ。うん、知ってた・・・。
前段作戦のボスはお馴染みダイソンこと戦艦棲姫。道中のボス装甲弱体化ギミックマスを潰しつつ、コイツを3回撃沈させれば前段作戦は終了です。


連合艦隊同士の派手な海空戦!幸いボスマスは制空を獲るのは容易なので、アイオワとイタリアの弾着観測射撃がバシバシ決まります。基地航空隊も6度の空襲を敢行してくれますし、第2艦隊も開幕と雷撃ターンで2度の雷撃が入れられるので、S勝利は比較的楽です。


前段作戦のラストシューティングは霞の連撃。対空砲で戦艦棲姫を撃破するのが何とも痛快です。霞は改二とこの改二乙の両方を運用していますが、共に今回のイベントでは特効もあって大活躍でした。


前段作戦突破時の第1艦隊。ラスダンは同航戦で派手な殴り合いになったので空母に被害が続出したものの、何とかS勝利を決めています。


第2艦隊のMVPは勿論霞。霞が仕損じても、頼りになる後続艦が4隻いるのでまぁ確実に仕留めてはいたでしょうけど。


前段作戦のドロップ艦、特筆すべきは瑞穂が2隻出たくらいですかね(我が鎮守府では2隻目と3隻目)。初期装備で零観を持っているので嬉しいドロップ艦です。


前段作戦のヴィクトリーショットはアイオワ。イベント前に火力キャップが解放された事もあって、十分な火力を発揮してくれました。
・・・これは大和・武蔵の出番はなさそうだな。


引き続き後段作戦に移行します。後段作戦開始は5/19の夜で、イベント終了まであと2日半!ここで沼ったら最悪、掘りはおろかイベント突破さえ危うい状況。気合い、入れて、行きます!
今回のラスボスは初登場の(そして今後登場しそうもない)北方水姫。一応航空戦艦扱いみたいです。


その見た目から、提督諸氏の間で「露出狂メーテル」と言われる北方水姫ですが、装甲弱体化ギミックの解除が効いていて、正直恐れるに足りません。ここも制空値は低めなので、前段作戦同様にボス戦は制空権確保→基地航空隊全力投球で行けます。


しかも攻略中に択捉がドロップしてくれました!!!これで新艦娘のうち、海防艦ちびっこトリオが全部揃いました。おっしゃ、掘り対象艦が1隻減ったぞ!


性能は国後・占守同様にアレです。この3隻はトリオで使って行く事になりそうですな。何にせよ新艦娘は掘り残すと後々厄介なので、イベント期間中に何としても入手しておきたいです。


一度も道中撤退する事なく迎えたラスダン。いよいよ春イベ最終局面です。帽子を脱いだメーテルの本気、見せてもらおうか!


・・・って、あれ?ラスダン一発でクリアしちゃいましたよ?(;´∀`)
夜戦突入時に損傷したメーテルとダイソンが1隻残っていて、こちらは阿武隈が大破状態。霞がメーテルにダメージを入れたものの、ダイソンの攻撃でヴェールヌイ大破。しかしその後、木曾が連撃で残ったダイソンを撃沈し、大井も連撃でメーテルに致命傷を与え、最後は勿論この人、北上様の魚雷カットイン!理想通りの雷巡ワンツースリーフィニッシュです。やっぱりイベント海域の最後の切り札は大井&北上なんですよねー。


ラスダン時の第1艦隊編成。鎮守府入りしてからまだ半年のサラトガが、本当に使える娘になってくれました。おかげで今回、一航戦とニ航戦が支援艦隊以外で出番が無かったと言う・・・。正規空母の世代交代??


第2艦隊のMVPはラストシューティングを決めた北上様・・・かと思いつつ、その直前にメーテルに致命傷を与えていた大井っちとなりました。まぁ2人の共同作業みたいなもんだよね!さすが艦娘最強の百合ップルですw


更に嬉しい事に、ラスダンのドロップでリットリオが登場!第1艦隊で活躍したイタリアの改装前の名前です。イタリアとリットリオ、両方の名前で2隻持っていたいと思っていたのでこのドロップは本当に嬉しい!自分にとっては春イベ7隻目の新艦娘扱いです。


E-5甲作戦の突破報酬、まずは一式戦 隼II型(64戦隊)。いわゆる「加藤隼戦闘隊」です。♪エンジンの音、轟々と〜隼は行く〜雲の果て〜


陸上戦闘機では最強の戦闘力と最長の航続距離を持つ、持っていて絶対損はない機体。今回、これが欲しくて甲で突破した人も多いとか。あぁ、空母に積んで通常使いしたい・・・。


そして最終海域突破報酬、ソビエト戦艦ガングート!ヴェールヌイに続いて、艦これでは2隻目のソビエト艦娘。響から改装されるヴェールヌイと違い、最初からソビエト艦と言う点では初めての存在になりますかね。


決して高性能艦という訳ではないものの、育ててれば面白い使い方が出来るとの事なので優先して育てたいところ。つーかウォースパイト以来、久しぶりの新戦艦ですからね!テンション上がります。


新装備の主砲は・・・うーん、まぁ戦艦の主砲としては小口径の30.5cm砲だからねぇ。ガングートを改装するとこれの新型を持って来るそうなので、そっちに期待ですかね。


そして今回も頑張って取りました!甲種勲章(通算8個目)。途中に乙や丙が入っていない、純粋種の甲種勲章です。
その他の報酬は勲章x2、改修資材x10。メーテルだけにネジをいっぱい落としていってくれましたw


後段作戦もヴィクトリーショットはアイオワ。性能的に便利過ぎて、現在戦艦勢のレベルトップを驀進中。同型艦のニュージャージーやミズーリ、ウィスコンシンとか出て来たら日本戦艦の出番がなくなる!?


こうして北方領土に迫る敵を無事に撃滅した我が鎮守府。北の漁場は守られた!(ぇ


しかし考えてみると、今回の敵は完全に「ソ連軍」だったよなぁ、と。日ソ不可侵条約を破棄して、第二次世界大戦終戦直前に日本に攻め入って来たソ連。しかも終戦後も規約を破って幾度も攻撃を繰り返して来たり、捕虜や難民を極寒のシベリアに送り込んで強制労働をさせたりと、その所業を考えると「謝罪と賠償」を求めても良いくらいなんですが・・・どっかの半島国家と違って、日本政府はお優しいなぁ。

さて、これでようやく春イベが終了・・・と言う訳には行かず。まだ新艦娘の神威が入手出来ていません。イベント終了まで残り2日、E-3戦力ゲージボスマスでの神威掘りという宿題を済ませます!


・・・と気合いを入れていたものの、6回目の掘りでひょっこり出て来ましたよ神威さん!(しかもA勝利で) 艦娘では初めてのアイヌっ娘ですな。うたわれるものです(違


性能は・・・ぐはっ、これは海防艦以上に育成に苦労しそうです。水上機母艦に改装出来るLv.35までは、搭載機ゼロ、中口径以上の主砲搭載不可、雷装不可、対潜攻撃不可のこのお荷物をどうやって運用しましょうかね・・・


何はともあれ、新艦娘6隻を無事に迎え入れる事が出来、更に欲しかったリットリオも入手出来て今回も大満足の釣果です。これで再びオール艦娘コンプリート提督の称号を名乗れます。


神威を掘り当て、無事に春イベを完走した直後の鎮守府の状態。見ての通り、資源も資材も十分な余力を残しての攻略でした。特にバケツは殆ど減ってませんね・・・。オール甲突破の報告も多いですし、いわゆる「ヌルイベ」だったと言っても過言じゃないかと(個人的に時間だけはありませんでしたが)。
今回の2017春イベで新たに鎮守府に加わった艦娘は以下の通り。

戦艦『ガングート』
軽空母『春日丸』
補給艦『神威』
海防艦『国後』『占守』『択捉』


・・・次の夏イベこそ、久しぶりに「大規模・高難易度」が来そうな予感・・・



本日のBGM:われらの命 ソロン号(『氷河戦士ガイスラッガー』ED)


2017/05/21 (日)

75%の確率を外す自分に嫌気が差す・・・

優駿牝馬(府中芝2400m、3歳牝馬限定GT)
ハイレベルが謳われる今年の3歳牝馬の頂点を決めるこのレース。桜花賞は圧倒的人気となったソウルスターリングが3着に敗れる波乱があったものの、有力馬の殆どが引き続きここに駒を進めて来ました。
さて、迷ったのが馬券の軸にする本命。巻き返しを図る1番人気のソウルスターリングは、フランケルの血で2400mは大丈夫かと言う不安要素がちらほら見え隠れ。桜花賞は発馬機の中でウ◯コしてる最中にゲートが開くという前代未聞の理由で大敗したアドマイヤミヤビはまともに走れば逆転候補ですし、ともかく安定した戦績を誇るリスグラシューはハーツクライの血から長い距離ではやはり逆転の目があります。そしてフローラSを勝ったモズカッチャンは今回も同じ1枠1番に入って長距離戦が得意な鞍上和田騎手も不気味な存在。この4頭のうち、どれを軸にするか・・・。
迷った挙句、安定性と血統的背景と鞍上武豊という強みから◎はリスグラシューに。そこから上記3頭を流し軸にしてヒモに流す三連複で勝負です。
結果・・・


.

軸に迷った4頭のうち、3頭がワンツースリーフィニッシュを決めるも、最後に軸に決めたリスグラシューが5着とは・・・orz さすがにこれはショック過ぎて立ち直れません。
その上、この週末は久々に土日通じて的中ゼロをやらかしてしまい、二重の意味で立ち直れない結果に。来週はダービーだと言うのにこの体たらくぶり・・・もう後は神頼み・騎手頼みしかない?



本日のBGM:押しちゃうぞ!!(『おまもりひまり』OP)


a-News+ 1.47

Diary Last Update : 2018/02/18 14:01:43
 当サイト「Mc-LINERS」は、私Mc.OKAZAKIのイラストギャラリーです
 Microsoft Internet Explorer 8.0にて閲覧確認をしております。
 全ての文章・画像の、無断転載・無断複製はしないでください(そういうときはご連絡ください)。
 ・・・Mc-LINERS BUNNER・・・
http://mc-liners.main.jp/img/bnr1.jpg
リンクについて
このサイトは、サークル「INDexlabel」のお仲間サイトです

tinami♪さーふぁーずぱらだいす
Mc-LINERS  All rights reserved. copyright(c) circle INDex Label.