2017/04 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
特設ネタ
 〜管理人Mc.OKAZAKI の日記みたいな雑記〜
←カレンダーで過去分が表示されます。デフォルト表示は最新の書き込み分です。

2017/04/30 (日)

徹底したデータの解析を・・・超えてくる男、それが武豊!

天皇賞・春(京都芝3200m、GT)
今週から始まる怒涛のGT6連戦、まずは天皇賞・春です。ベテラン古馬の長距離王決定戦・・・なのに、なぜか毎年荒れるこのレース。特にディープインパクトが勝利して以来1番人気馬が10連敗、しかも馬券に絡めたのも1回だけという、もう「1番人気の馬には呪いが掛かっている」としか思えない状態が続いています。オルフェーヴルも、ゴールドシップも、キズナも、その呪いで自身の戦績一覧に大きなキズを付けられています。
今年、その呪いを受ける事になったのはキタサンブラック(単勝2.2倍)。前日まではサトノダイヤモンドの方が1番人気だったのですが、当日のサトノダイヤモンドは2.5倍の2番人気。殆ど差のない、2強対決の図式になっています。
この2頭のアドバンテージを比べてみると、

<キタサンブラック>
・有馬記念でサトノダイヤモンドに僅差敗れた時は2kgの斤量差があった
・京都コース3戦3勝
・昨年優勝している(天皇賞・春は連覇多し)
・またも内枠!
・天皇賞・春で7勝している武豊が鞍上
・先行有利の京都コース

<サトノダイヤモンド>
・3000mの重賞を2勝。血統的な長距離適性はこちらが上。
・当日4勝のルメール(当日武豊はここまで0勝)
・京都コース2戦2勝
・GT2勝を含む重賞4連勝中
・キタサンブラックを見ながらレースを進められるポジショニング

・・・と、ほぼ互角。うーむ。
結局、1番人気の呪いを半分信じて、◎はサトノダイヤモンドにしました。かと言って、キタサンブラックが4着以下に沈むのも想像出来ない・・・ので、馬券は◎サトノダイヤモンド1着固定、◯キタサンブラックを2-3着に配し、そこに他馬を散りばめる三連単・・・だけだとまだ不安なので、サトノダイヤモンドがdだ時のために、キタサンブラックとシャケトラから中穴に流す三連複も少しだけ買っておきます。特に9番人気のトーセンバジル(ステップレースを捨てて本番を取りに来る藤原英昭厩舎の仕上げが恐い!)や、8番人気のディーマジェスティ(父ディープインパクト×母父ブライアンズタイムはいかにも長距離向き。そこにフェノーメノでこのレースを連覇している蛯名が鞍上では無視出来ない!)は人気を考えると美味しいところです。
今年の天皇賞・春も呪いが発動するのか。結果・・・。


.

10年間勝てなかった1番人気馬を勝たせたのは、10年前にこのレースをディープインパクトで制した武豊!しかもディープインパクトが刻んだコースレコードを、1秒近く短縮する大レコードのおまけ付き!レコードを出すのは馬主のサブちゃんだけではなかったw
いやはや、参りました。ここまでキタサンブラックが強いとは。レースはヤマカツライデンが大逃げ気味にハイペースで突っ走り、離れた2番手をキタサンブラックが追走する流れ。これが大レコードの下ごしらえになった訳です。3コーナーで既に潰れたヤマカツライデンを捕らえたキタサンブラックは、直線に入っても食い下がるシュヴァルグランを従えての王者の走り。必死に追うサトノダイヤモンドもメンバー最速の上がりを見せるものの、キタサンブラックの脚は全く衰えずにそのままゴール。これでキタサンブラックはGT5勝目。顕彰馬入りも見えて来ましたね。
GTではいらない子となるアドマイヤデウスはあわやの4着。でもやっぱ狙うならGUなんだよな、この馬。長距離適性を最大限に活かしたアルバートが5着。以下、ディーマジェスティ・ゴールドアクター・トーセンバジルは実力通りの着順。3番人気に推されていたシャケトラは58kgの斤量と出遅れが響いたのか9着に沈没しました。
馬券は基本サトノダイヤモンド頭の三連単でしたし、キタサンブラックからの三連複はサトノダイヤモンド外しだったのでハズレ。まぁ今週は青葉賞の勝利もあってマイナスにはならなかったので良しとしますか。



本日のBGM:ダンバインとぶ(『聖戦士ダンバイン』OP)


2017/04/29 (土)

徹底したデータの解析が、久しぶりの会心の一撃に繋がる!

青葉賞(府中芝2400m、3歳限定GU)
ご存知、未だ1頭のダービー馬も輩出していない同コース・同距離で行われるダービートライアル(まぁ2着馬は出しているんですけどね)。最も有力なダービートライアルは皐月賞、と言われる所以ですが、今年の皐月賞は人気馬総崩れで、どうにもダービーに繋がるかかなりの不安を残しましたから、俄然このレースに注目が集まります。
今回のメンバーには、3歳牡馬最後の大物と言われるアドミラブルが参戦して来ました。昨年9月のデビュー戦は観るべき所なく惨敗していますが、長い時間を掛けてしっかり立て直して来て今年の3月に戻って来てからは圧巻の連勝。特にこの青葉賞と深い関連性のあるアザレア賞(2年連続勝利馬を輩出)を勝っているのが大きいです。
相手関係はほぼどんぐりの背比べ。多くが「芝の長距離の500万下」を勝っている面子ばかりです。そんな中で注目したのが、地味な秋山騎手と実績の少ない父ワークフォースのために8番人気の低評価に甘んじているアドマイヤウイナー。実はこの馬が勝った大寒桜賞(中京芝2200m、500万下)はこれまた2年連続このレースの2着馬を輩出している重要なトライアル。他の長距離500万下のレース(ゆきやなぎ賞・ゆりかもめ賞・水仙賞)は微妙にこのレースまでの間隔が空き過ぎるので、アザレア賞と大寒桜賞、それと今回勝ち馬の参戦がない山桜賞の3つが青葉賞を占う重要なポイントレースになるのです。
馬券は◎アドミラブルと◯アドマイヤウイナーの2頭から流す三連複。確勝級と言われているアドミラブル(単勝1.5倍)はともかく、8番人気のアドマイヤウイナーは果たして馬券に絡む事が出来るのか・・・結果!


.

これぞデータ解析の勝利!3歳馬の府中芝2400mで歴代第5位の好タイムで勝利したアドミラブルは一気にダービーの主役候補に躍り出ましたが、アドマイヤウイナーもルメールが駆るポポカテペトルとの競り合いを制し、3着入線で見事馬券を的中させてくれました・・・まぁ本番の出走権は残念ながら獲れませんでしたけど。
それにしてもアドミラブル強かったなぁ・・・。デムーロはダービーでは間違いなくペルシアンナイトではなくこっちを選ぶでしょうな。



本日のBGM:THE WINNER(『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』OP)


a-News+ 1.47

Diary Last Update : 2018/09/17 21:39:19
 当サイト「Mc-LINERS」は、私Mc.OKAZAKIのイラストギャラリーです
 Microsoft Internet Explorer 8.0にて閲覧確認をしております。
 全ての文章・画像の、無断転載・無断複製はしないでください(そういうときはご連絡ください)。
 ・・・Mc-LINERS BUNNER・・・
http://mc-liners.main.jp/img/bnr1.jpg
リンクについて
このサイトは、サークル「INDexlabel」のお仲間サイトです

tinami♪さーふぁーずぱらだいす
Mc-LINERS  All rights reserved. copyright(c) circle INDex Label.