2012/09 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
特設ネタ
 〜管理人Mc.OKAZAKI の日記みたいな雑記〜
←カレンダーで過去分が表示されます。デフォルト表示は最新の書き込み分です。

2012/09/04 (火)

5330km、日本への遠い旅路の果てに・・・ 首なし駆逐艦『天津風』の奮闘



ようやく貯めていた軍ネタを書き連ねる時間とスペースを得たので、数年ぶりになりますが軍ネタもぼちぼちと再開して行きたいと思います。
復帰第1回目のお題は、旧日本海軍の駆逐艦『天津風』です。『天津風』はかの有名な『雪風』と同じ『陽炎』型駆逐艦の1隻で、太平洋戦争の開戦1年ちょっと前の1940年10月26日に竣工しました。排水量2,033d、速力35ノット、乗員239名、12.7センチ連装砲×3門、61cm魚雷発射管4連装×2基(竣工時性能)を持つ最新鋭駆逐艦である陽炎型は、開戦当初から機動部隊の直衛・巡洋艦と連携した水雷打撃部隊・更には輸送船団の護衛と八面六臂の活躍を見せます。
『天津風』も例外ではなく、開戦当初はインドネシア方面で米潜水艦2隻を撃沈するなど活躍した後はミッドウェイ作戦に参加。その後は「駆逐艦の墓場」と呼ばれるようになるソロモン諸島のガダルカナル島を巡る戦いに投入され、激戦となった第三次ソロモン海戦においては第二缶室や艦上部構造物に多数の命中弾を受けて戦死者45名、負傷者31名を出す大被害を被っています。
その後、修理のために本国に帰還した『天津風』はトラック島へ進出して船団護衛と輸送任務に従事。再び本国に帰還した後、『天津風』は戦局が悪化した1944年1月に軽空母『千歳』や駆逐艦『雪風』と共に船団を護衛してシンガポールに向かいます。

1月16日、南シナ海洋上で米潜水艦『レッドフィン』を発見した『天津風』はこれに攻撃を行うも、逆撃に転じた『レッドフィン』から魚雷攻撃を受けた『天津風』は左舷第一煙突下に直撃を受けて第一缶室が完全に破壊され、更に荒天のために被雷箇所から船体が切断され、艦橋を含む艦の前半分を喪失。乗艦していた第十六駆逐隊司令官の古川文治大佐はじめ34名が波間に消えます。
船体断裂前にかろうじて後部に移った田中正雄艦長は直ちに救援緊急電を発信しましたが、艦橋を失って海図が無いために発信した被雷位置が100浬もずれており味方に1週間も発見してもらえず、1月23日にようやく味方機に発見された『天津風』の後部船体は、駆逐艦『朝顔』によって曳航されて1月30日に無事サイゴンに入港。この戦いで『天津風』は74名の戦死者を出しました。
そのままサイゴンで9ヶ月近くも行動不能だった『天津風』は、応急修理の後に11月15日にシンガポールに回航され、そこで2ヶ月をかけて艦首部分の再生工事を行います。修理内容は切断箇所から先に仮艦首を装着し、その上に仮設艦橋と前部マストを設置。これにより後部主砲2基の戦闘能力を取戻し、13_単装機銃3門と25_単装機銃2門を増設、主ボイラー1基の復旧により20ノット強の速力が出せるようになりました。その時の姿を模型でスクラッチされた方がいまして、その画像を入手したのでここで紹介します(すいません、作者の方は不明です)。


一度は死んだ艦をここまでして再生した努力は見上げた物です。それでも速力と戦闘力は他の海防艦(護衛艦)と遜色無いスペックだったのは、『天津風』の基本性能の優秀さと、『天津風』に試験搭載された新型高温高圧ボイラーによるものでした。
しかしこの新型ボイラーの存在が『天津風』の寿命を縮める事となりました。海軍本営の決定で、新型ボイラーを搭載した『天津風』は、修理のために本国に帰される事となります。既にフィリピンを陥落された日本海軍にとってシンガポールから日本までの5330kmの旅路は、敵の制空権下を突破する自殺行為の航海でした。
1945年3月19日、『天津風』は7隻の輸送船団を護衛する7隻の護衛艦の1隻としてシンガポールを出港。道中、フィリピンを基地とする米陸軍機の度重なる空襲を受けて輸送船団は全滅。『天津風』はかろうじて4月2日に香港に入港して難を逃れます。


しかし香港もまた安寧の地ではなく、翌3日には軍港が50機からなる米陸軍機の空襲を受けます。『天津風』は同地に在港していた艦艇で新たな船団(輸送船2隻、護衛艦5隻)を組んで本土に向けて出港しますが、この船団も米陸軍機の格好の餌食となってしまいます。5日には2隻の輸送船が沈められ、生存者を乗せた護衛の1隻が香港に戻ります。残った4隻の護衛艦も次々と喪われ、孤立した『天津風』はたった1隻で本土を目指して孤独な航海の途に就くのでした。


そんな『天津風』を米軍は見逃しませんでした。6日、米陸軍機は『天津風』を狙って空襲を加えます。18機のB-25に襲われた『天津風』は3機を撃墜する活躍を見せるものの、スキップボム(石の水切りの要領で跳弾させた爆弾を当てる水平爆撃の技術。写真の右に跳弾させた爆弾が写ってます)で500ポンド爆弾を3発受けて主砲は全て破壊され、無線機・機関・舵が故障。火災が発生して左舷に傾斜すると艦は漂流を始めます。
それでも乗員たちは『天津風』を見捨てませんでした。人力操舵でアモイ沖合まで辿り着かせる事に成功します。しかしここで遂に座礁してしまい、『天津風』は完全に航行不能となってしまいます。
更に現地の盗賊の襲来まで受けた乗組員たちは『天津風』の放棄を決定。物資を陸揚げした後、『天津風』は搭載していた爆雷を自爆させて、長い旅路の途中でその生涯を終えるのでした。この本土への最後の旅での生存者は161名、戦死者は39名でした。



本日のBGM:旅の途中(『狼と香辛料』OP)


2012/09/03 (月)

明智十兵衛光秀、最大の見せ場!!この話で光秀に転んだ人多いんじゃないかな? 〜今週の『織田信奈の野望』

これで本能寺イベントも回避・・・かな?


将軍宣下を行い、今川幕府を開く事となった今川義元。勿論織田家の傀儡であり、実質は「織田幕府」なのでありますが・・・つーか「海道一の弓取り」と称された東海の雄・今川義元がただの池沼に成り下がってやがるんですが(;´д`) 信奈にヤヴァい薬でも飲まされたんでしょうか(汗
三好三人衆を四国に追い払ったものの、未だ松永弾正久秀の行方が知れない事を危惧する半兵衛。しかしそれ以上に、家臣の間では前回のたこ焼き対決で(本人の預かり知らぬ所とは言え)汚い手段で勝利した光秀を憎む声が多く・・・生真面目な性格故の事、と信奈も理解はしているものの、このまま家臣の中で孤立し追い詰められれば、最も起こしてはいけないイベント「本能寺の変」が起きてしまう事を危惧する良晴です。
その頃光秀は今井宗久邸にいました。幾ら勝負とは言え、今井宗久に甚大な経済的損失を与えてしまった事を深く陳謝する光秀。しかし光秀が真に謝るべき相手は良晴である、と宗久は伝え、そんな光秀の不器用さに宗久は、信奈は家臣たちを家族のように思っている事、その家族同士がいがみ合うのを望んではいない事を諭すのでした。なんだ、腹黒そうな顔して普通にいいおっさんじゃねーか。


その頃、美濃の斎藤道三から信奈の下へ急報がもたらされます。川中島で対陣していた武田家と上杉家が和睦し、同盟を結んで5万の兵力で上洛を開始した、と・・・。自分の知る戦国知識ではそのような事は有り得ない!と言い張る良晴ですが、現に今川義元や斎藤道三といった、歴史の露と消えて行ったはずの人物を救い存命させている自分の行動が歴史を狂わせている可能性に思い至り、良晴は悩みます。
全軍を取って返して武田・上杉連合軍を迎え撃とうとする信奈に、京に留まるべきと諌める良晴。しかしそれは尾張にいる母親や美濃にいる道三を見殺しにする事・・・そんな良晴の言葉に激しく怒った信奈は良晴に岐阜城厨房への左遷命令を出し(そのネタまだ引っ張るかw)、柴田勝家・丹羽長秀を先陣にして東海道へ主力を差し向けるのでした。
しかしこれは京の織田の兵力を分散させる近衛前久たちの罠でした。空白状態になった京で松永弾正が挙兵し、将軍となった今川義元を拉致して幕府の実権を握る・・・そして朝倉義景は名家揃いの織田家の姫君たち、とりわけ信奈を堕とす事を狙っており・・・うむ、君とは旨い酒が飲めそうだな♪ >コラ


武将・織田信奈としての戦略ばかりが先に走り、一人の少女として信奈を観られなかった自分に反省する良晴。しかしそんな良晴の下に謎の男が現れ・・・
京の都と義元を守るために光秀に留守を託す信奈。信奈に同行出来ないと知り、嫌われてしまったと落ち込む光秀ですが、そんな光秀にこの任務の重要性を語り、その信頼が揺らいでいない事を告げる信奈。あぁ、史実の信長だったら「グダグダ言ってんじゃねー!」とフルボッコにする場面だろうなw
勝家や長秀を追って出陣しようとした信奈ですが、そこに犬千代と半兵衛が現れて良晴が何者かにさらわれた事を告げます。戦慄する信奈・・・
その頃、良晴は郊外の小山の樹に縛られていました。下手人は先週最後に登場した杉谷善住坊・・・杉谷は良晴を餌に信奈を誘き寄せ、得意の狙撃でその生命を狙っており・・・って、この時代の火縄銃に何でスコープがwww ←『BRAVE10』でもあったなこれ。


信奈が去った後の京の都を守る光秀、その決意は何よりも強固です。一方信奈は目撃情報に沿って犬千代と半兵衛を率いて良晴の救出に向かいます。勿論それは杉谷の罠なのですが・・・
徳川家の服部半蔵の報せにより、武田・上杉連合軍の上洛は誤報と知る勝家と長秀。これは京の都から織田軍主力を引き離す罠・・・急いで取って返す両者ですが時既に遅く、京では松永弾正が三千の兵を率いて挙兵。一方、光秀の兵は八百に過ぎず・・・
城のない京都で、止むを得ず清水寺に篭って松永軍を迎え撃つ光秀。まるで緊張感の無い義元は、本当にロボトミー手術でも受けたんじゃないかと(ry
山門を締めたにも関わらず、いきなり清水の舞台に姿を現した松永弾正。織田家でも名将の誉れが高い光秀に興味を持ったようで、直接対決を挑む松永・・・宝蔵院流槍術の名手たる松永と、鹿島新当流免許皆伝の剣の腕を持つ光秀・・・清水の舞台で両者の激しい一騎打ちが展開します!


光秀ちゃん凛々し可愛い!!!!!これはprprせずにはいられないィィィッ♪これまで今川義元・丹羽長秀派でしたが、この戦いで光秀の株も両者に匹敵する程上がりました(つーか義元株は今回かなり落ちたかもw)。
光秀との激戦に興奮し、自ら乳を揉みながら喘ぐ松永・・・変態だーwいいぞもっとやれ。
その頃、信奈を待ち受ける杉谷の銃口から信奈を救う手立てを必死に考える良晴は、服から転げ落ちたスマホにバッテリが残っている事に一縷の望みを賭け・・・それにしても良晴がこっちの世界に来てからどれくらいの年月が経ってるんでしょうねぇ?史実だと木下藤吉郎が足軽をやっていた1555年くらいから、信長の上洛までは13年は掛かってるはずですが・・・


予想以上に手強い光秀に、遂に奥の手を出す松永・・・金の蝶のベアトリーチェ作戦ですw 幻覚に悩まされた光秀は、意識を保つためにかんざしで自らの太腿を刺し貫き・・・いたたたた(;´д`)
そんな光秀に信奈暗殺計画の存在を伝える松永。信奈が殺された・・・それまでの心の拠り所を奪われた光秀は心が折れ、松永はそこから光秀の隙を伺おうとしますが・・・そこに突如鳴り響く銃声と、凛と轟くかな恵ヴォイス!織田信奈、ここに見参!!
杉谷の狙撃をスマホの合戦着メロで邪魔した良晴。それによって難を逃れた信奈は杉谷を倒し、自らの意志で危険な戦場となっている清水寺に取って返したのでした。大切な家族である光秀を救うため・・・


信奈を幻覚かと一瞬躊躇した光秀の隙を突いて槍を繰り出す松永。それを身を呈して守った良晴は、光秀に「お前が信奈を信じないでどうする!」と強く訴えます。ようやく我に返る光秀・・・良晴の事も「サル人間」ではなく以前のように「相良先輩」と呼ぶようになります。どうやら完全に暗黒面から脱したようですね。
一方、この国の全てを焼き尽くすと暗黒面の深淵から呪詛を放つ松永。その褐色の肌から疎まれていた松永は、この世の全てを憎んでおり・・・しかも率いる兵も異人部隊ですしね。
松永軍に完全に包囲される信奈たち。しかしそこに思ってもいない援軍が現れます。梵天丸こと伊達政宗、キリシタン大名の高山右近に小西行長、そして彼らを率いるのは何とルイズ・フロイス!!


キリシタンとして疎まれて来た彼らですら心服する信奈の器量を見抜いた松永は、何とここであっさり降伏・・・史実でも悪人同士(?)、信長と久秀は意外と馬が合ったと言いますからね。
こうして京の動乱は収束し、今川義元は無事に将軍宣下を行なって晴れて将軍の地位に就任します。その報告に御所を訪れた信奈は姫巫女と対面。良晴と知己のある姫巫女はその情熱を知っており、彼が仕える信奈であれば国を任せても大丈夫、と今川幕府を容認します。
いっそ信奈が幕府を開いたらどうだ?と言う姫巫女に、自由でいたいという理由でこれを拒む信奈。信奈が目指すのは身分の無い平等な世界・・・そんな世界を共に目指す良晴に向ける信奈の視線は熱を帯びているのでした。
くっそ、俺もちょっとタイムスリップしてくる!



本日のBGM:いとおしい人のために(『ふしぎ遊戯』OP)


a-News+ 1.47

Diary Last Update : 2018/10/21 13:50:23
 当サイト「Mc-LINERS」は、私Mc.OKAZAKIのイラストギャラリーです
 Microsoft Internet Explorer 8.0にて閲覧確認をしております。
 全ての文章・画像の、無断転載・無断複製はしないでください(そういうときはご連絡ください)。
 ・・・Mc-LINERS BUNNER・・・
http://mc-liners.main.jp/img/bnr1.jpg
リンクについて
このサイトは、サークル「INDexlabel」のお仲間サイトです

tinami♪さーふぁーずぱらだいす
Mc-LINERS  All rights reserved. copyright(c) circle INDex Label.