2012/09 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
特設ネタ
 〜管理人Mc.OKAZAKI の日記みたいな雑記〜
←カレンダーで過去分が表示されます。デフォルト表示は最新の書き込み分です。

2012/09/06 (木)

「餓えた狼」の真価は?


今日の軍ネタの主役は、旧日本海軍の重巡洋艦『足柄』です。太平洋戦争に参加した日本の重巡洋艦は5つの型式に分かれるのですが(型式が古い順に『古鷹』型、『妙高』型、『高雄』型、『最上』型、『利根』型)、『足柄』は2番目に古い『妙高』型に属します。古い、と言っても太平洋戦争開戦時には艦齢12年と乗組員も一番熟成されている時期で、他の各型と共に海軍の主力として、終戦間際まで太平洋を所狭しと駆け巡った艦型です。

さて、そんな『足柄』ですが、生涯で最大の見せ場は戦場の外にありました。太平洋戦争開戦4年前の1937年、イギリスのジョージ6世戴冠記念観艦式に招待された日本海軍は『足柄』を派遣。その精悍なフォルムと強力な火力、そして実用主義の極地と言える装備は“餓えた狼”と称されました。
日本海軍はこのイギリスでの評価を大変喜び(日本海軍にとってイギリス海軍は、明治期以来それまで手本としてきた「師匠」的な立場でした)、宣伝材料としてこの言葉を多用する程でしたが、近年、実はこの言葉は海軍が捉えた意味とは別の意味が込められていた事が分かって来ています。つまり、英国式の優雅で居住性に優れた巡洋艦に比べ、『足柄』は無骨で乗り心地も悪く、船に美しさを求めるイギリス人の価値観からは耐えられない艦、という悪評だったというのです。

では、同時代に建造されたイギリス海軍の『ケント』級重巡洋艦のフォルムを観てみましょう・・・


うーむ、私には傾斜した3本の煙突や艦の前方に位置する艦橋などから『タイタニック』に代表されるイギリスの豪華客船の延長線のフォルムを感じ、軍艦としての機能美には欠けるデザインだと思ってしまうんですよね。
勿論、各国の美意識の違いや時代背景による装備や型式の差異はあると思うんですけど、どっちが軍艦として格好良いかと言われれば、私は迷わず『足柄』を推しますね。
ただ、イギリス海軍にはイギリス海軍の事情があり、インドやミャンマーといった当時の植民地に対して「女王陛下の海軍」として武威を示す必要性、そして本国からの長い航路を往復出来るだけの航続力と居住性が求められた事を考えると、このような艦型になったのにもちゃんと理由があった事が分かります。


そんな『足柄』ですが、開戦当初はフィリピン攻略戦やインドネシア方面で活躍を見せますが、その後はシンガポールに逗留して第二南遣艦隊旗艦の任務を帯びます。
この任務は一応インド洋方面のイギリス軍に対して睨みを利かせる役割がありましたが、激戦地のソロモン諸島方面に比べると落ち着いた戦線でもあり、第二南遣艦隊は“留守部隊”と自嘲する乗組員もいたそうです。
そんな『足柄』が久しぶりに前戦に立ったのがレイテ沖海戦でしたが、『足柄』の所属した志摩艦隊は戦闘の最後になって戦線に参加し、これといった戦果も無いまま撤退を余儀無くされています。
その後、フィリピンのミンドロ島の米軍に対する急襲作戦である礼号作戦に参加して、艦砲射撃で上陸した米軍に一定の損害を与えたのが『足柄』最後の戦果となります。
フィリピン陥落後は古巣のシンガポールを拠点に輸送任務に就いていたものの、1945年6月4日、輸送任務のために搭載魚雷を降ろして「牙の無い狼」となっていた『足柄』は、イギリス潜水艦『トレンチャント』から5本の魚雷を受けて転覆沈没しました。それは7月の呉軍港空襲を除けば、日本海軍の大型艦で最後の洋上での戦没でもありました。


本日のBGM:LIVE for LIFE 〜狼たちの夜〜(『ベン・トー』OP)


2012/09/05 (水)

信長の生涯についてちょっと知ってる人間だったら、最後の奉太郎の行動は読めましたねw 〜今週の『氷菓』

とりあえず和服勝負はえる>>>>>摩耶花だったかな。


アバン・・・どこかに閉じ込められている奉太郎とえるの描写。サブタイが『あきましておめでとう』である事から、その後解放されるまでの話なのはこの時点で分かりますね。
正月、えるに初詣に誘われる奉太郎・・・高校生で初詣に誘われる間柄の男女なのに、こいつらまだ付き合ってないんだぜ・・・。
摩耶花が巫女のバイトをしているという事もあり、省エネ主義の奉太郎にしては珍しくその誘いに乗りますが・・・この辺が完全に奉太郎の4月からの変化なんでしょうね。
荒楠神社(ガノタ的にはどう聴いてもアレックス神社w)の鳥居の前で待ち合わせた奉太郎は「見せびらかせたかった」と言うえるの着物姿にフリーズ状態。先週見せた崩れた表情もそうですが、このような言葉を使うようになったえるがいかに奉太郎に心を許すようになったかの証ですね・・・って、自分で書いてて腹立って来たぞ。奉太郎もげろ。
名家の千反田家だけあって元日は親戚の挨拶攻勢でへとへとのえる。一方奉太郎は、こたつむり状態で新春時代劇なんぞを鑑賞・・・テレ東で毎年やってるあれか?今回の内容は信長の生涯みたいな感じですかね。
先に参拝を済ませる奉太郎とえる。エネルギー消費の少ない1年を願う奉太郎ですが、それが高じて将来引き籠もりにならないかちょっと心配だなこいつはw


家の代表として宮司宛に酒を届ける役割もあったえるは、宮司の娘の巫女さんにそれを渡し・・・って、十文字さんじゃありませんか!つーか眼鏡の巫女だと、守れないあの人(CV:「ふみとぉぉぉッ!!!」)の印象がw
同学年の十文字さんだと気付かなかった奉太郎は、生徒会長の名前を誤って覚えてたり教頭の名前を知らなかったり、意外と人の事を覚えるのが苦手なんですかね?
十文字さんに教えられて、社務所でおみくじ兼落し物・迷子係のバイトをする摩耶花のところに通されたえると奉太郎・・・うーん、ベリーショート系の摩耶花の髪型に、ロングのつけ毛は残念ながら合ってるとは言い難いなぁ。いっそつけ毛無しの方が良さそうだな。55点。
おみくじを引いたえるは見事に大吉を引き当てますが、奉太郎が引き当てたのは正月の神社では実はかなりレアだと言われる凶・・・今後の展開を何気に暗示しています。
そんな中、十文字さんが慌ただしく動いているのに気付いたえるがその理由を尋ねると、バイトの娘が振る舞い用のだんご汁と甘酒の鍋をひっくり返してしまい、作り直すのにてんやわんやとの事・・・ここでバイトの娘に怪我が無かったのかを真っ先に心配するえるの優しさは良いですね。
台所を手伝おうとするえるですが、着物という事もあってそれをやんわりと断った十文字さんは、代わりに蔵から酒粕を持って来て欲しい、とえるに頼みます。それに着いて行く奉太郎・・・あれ?奉太郎が辿り着いた先はどう観ても蔵ではなく納屋です。えるにそれを指摘されると、まさかのてへぺろで(妄想の中で)返し・・・本当にこういうリアクションを取るようになるには、まだまだ時間が掛かりそうですw
そんな中、納屋のかんぬきを閉められてしまって中に閉じ込められてしまう奉太郎とえる・・・やっとアバンに繋がりました。
止むを得ず大声で助けを呼ぼうとする奉太郎ですが、奉太郎の口を塞いでそれを止めるえる・・・この二人っきりの状況を愉しもうと言うんですね分かります♥


えるが助けを呼ぶのを躊躇したのは、見付かった時に自分たちがどう観られるかを心配したからでした。納屋の中で若い男女がコソコソする事と言ったら・・・まぁそんな噂が立つのも理解出来ますな。ましてや巡回している氏子さんたちは千反田家の事も良く知る人たちばかり。家名に傷を付ける訳には行かないえるの事情を察する奉太郎です。
携帯電話を持っていない両者は何とか脱出の手を考えますが、奉太郎が提案した扉破壊・壁破壊・抜け穴・屋根破壊はいずれもえるが却下。その頃、観たかった新春時代劇を観終えてようやく里志が荒楠神社に現れます。里志はまず社務所に顔を出しますが・・・あぁ、摩耶花が発情した雌の顔をしているw
落し物を届けて回る氏子を使って、壁の一部を壊して外に投げた落し物を摩耶花に届けてもらい、それによって自分たちのピンチを伝えようとする奉太郎とえる。しかしえるのハンカチも奉太郎の財布も、落し物として摩耶花の下へ届けられるものの、奉太郎たちがピンチである状況を伝えるには至りません。
そこで奉太郎は里志が到着しているであろう事から、えるの巾着を使って自分たちの状況を的確に伝える手段を思い付きます。巾着の口と底を紐で縛り、それを投げ捨てさせる奉太郎・・・そうです、信長ストーリーでも特に有名なエピソードである、金ヶ崎の退き口の「袋の鼠を現す小豆入りの巾着」の模倣です。この時、底を縛る紐がなかなか見付からないまま、自分の帯留を使おうとしたえるのエロい決心の表情がたまらんね♪
巾着を受け取った里志は一瞬で状況を理解し、凍えて震える二人の所で飛んで行きます。ドヤ顔で二人を救出する里志・・・「あきましておめでとう」
なかなかにドキワクさせてくれた、1話完結の短編でした。



本日のBGM:Spiral(『アスラクライン』)OP


a-News+ 1.47

Diary Last Update : 2018/12/16 11:35:14
 当サイト「Mc-LINERS」は、私Mc.OKAZAKIのイラストギャラリーです
 Microsoft Internet Explorer 8.0にて閲覧確認をしております。
 全ての文章・画像の、無断転載・無断複製はしないでください(そういうときはご連絡ください)。
 ・・・Mc-LINERS BUNNER・・・
http://mc-liners.main.jp/img/bnr1.jpg
リンクについて
このサイトは、サークル「INDexlabel」のお仲間サイトです

tinami♪さーふぁーずぱらだいす
Mc-LINERS  All rights reserved. copyright(c) circle INDex Label.