2010/09 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特設ネタ
 〜管理人Mc.OKAZAKI の日記みたいな雑記〜
←カレンダーで過去分が表示されます。デフォルト表示は最新の書き込み分です。

2010/09/30 (木)

9月も終わりと言う事で・・・

今月最終回を迎えた作品の簡易感想などで、特にネタが無い日の日記を埋めるテストw

●オオカミさんと七人の仲間たち  評価:C
うーん、放送当初はJ.C.STAFF作品の集大成になるんではないかと期待していた作品だったんですが、あまりに捻りの無い展開に観ていて退屈する事が多く、その上キャラの掘り下げが不十分だったりと、どうしても辛めの評価になってしまいました。

●祝福のカンパネラ  評価:D
キャラデザの可愛さとAIC作品という事だけで、苦手なファンタジーものを見始めたのですが・・・やはりこのテの作品は肌に合わないなぁ、というのを再認識させられる結果に。あ、アニエスは可愛かったですけどね♪

●みつどもえ  評価:B
放送当初はあまりに下品な内容にちょっと引いてたんですがw、途中からは単純なギャグアニメとして評価が上がって行き、毎週楽しみにエアチェックする作品になってました。特にひとはが可愛くて♪ 1月からの2期が楽しみです。

●生徒会役員共  評価:C
『みつどもえ』と並ぶ7月期の下品アニメ双璧w まぁこっちの下品さはエロさという意味の下品でベクトルが違いますけどね(^_^; 作品中では隠語は「ピー」音で消されてましたけど、録りの時は本当に発音してたんでしょうなw

●セキレイ〜Pure Engagement〜  評価:C
続編でしたが、1期同様に可もなく不可もなく・・・。鈿女の死や最後のタワーでの戦いはそれなりに盛り上がりましたが、第3期に向かって話をぶん投げたようにも思えなくもない(^_^; この作品は全編通して観ないと最終的には評価出来ないかも。

●学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD  評価:A
これは本当に面白かった!キャラデザ(特に巨乳)があまり得意ではなかったものの、話のテンポ、地上波アニメの限界に挑戦したグロ描写など、マッドハウスの底力を見せてくれた作品。ともかくあの終わり方では消化不良!続編を切に願う作品です(最近よくこの作品の夢を見ますw)。

●世紀末オカルト学院  評価:E
世間での評価は高く「アニメノチカラ枠の最高傑作!」と呼ばれている同作品ですが、ワタシには完全に「見た時間返せ」アニメでした。話の作りや登場人物の心理描写は雑だし、最後は魔法バトルものにした上に文明のキャラを完全に書き換えて英雄EDって・・・

●ストライクウィッチーズ2  評価:S・・・にしようかと思ったけどA。
今年一番期待していたと言っても過言ではないストパン第2期。制作会社の変更や坂本少佐の声優変更など不安点はあったものの、それらを払拭する素晴らしい出来だったと思います。ただ、どうしても最終回の強引な展開が後になってから気になりだして・・・(;´д`) 軍艦描写は完全に1期を凌ぎ、マルセイユの登場など十分楽しませてくれた作品ではあったんですけどね。

●あそびにいくヨ!  評価:C
これも放送開始当初は非常に期待出来たんですが・・・途中からの失速が甚だしかったです。キャラを多く出すのは良いんですが、そのキャラに対する説明が不十分過ぎて全然感情移入出来ず・・・。アオイは(最終回のキャラ崩壊を除けば)可愛かったですけどw

●戦国BASARA弐  評価:C
良くも悪くも続編でしたね。新キャラの秀吉と半兵衛、それにやっと活躍の機会が巡って来た長宗我部元親や毛利元就などビジュアル面では楽しませてくれましたが、政宗・幸村・慶次の3人の視点で進む物語は、ともすれば話のまとまりが無くなっているような印象も受けました。

●会長はメイド様!  評価:C
2クールかけてじっくり描かれただけあってキャラの掘り下げは十分でしたし、後半から碓氷のライバル(?)キャラを出す事によってマンネリを避けたのは見事。美咲も当初のお堅いツンキャラから、終盤の碓氷がいないとダメキャラへの変貌が可愛かったです♪ あと三十路店長最高w

●けいおん!!  評価:S
もうこれは文句無しのS評価ではないでしょうか。2クールかけて1年間の物語をじっくり描いただけあって登場人物への思い入れは凄まじく、まるで自分が同じ高校生活を送っているかのような錯覚すら覚えました。しかもアニメの終了と同時に原作連載もコミック版も終了というとてつもない喪失感の中、最後に映画化決定を公表する心憎い情報展開。作品内だけでなく、それ以外でも心底楽しませてくれた作品です。


さて、明日からは早速10月期の新作アニメの放送が始まりますね。ワタシ的に期待度が高いのは『そらのおとしものf』『薄桜鬼 碧血録』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『もっと To LOVEる』『神のみぞ知るセカイ』、そして『とある魔術の禁書目録U』でしょうか。
特に『そらのおとしものf』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『とある魔術の禁書目録U』の3つは放送前からキャプ感想確定w ただ、『そらのおとしものf』と『とある魔術の禁書目録U』は曜日がダブってるんだよなぁ・・・(;´д`) 金曜夜の贅沢な悩みです。



本日のBGM:ふられ気分でRock'n'Roll(『せんせいのお時間』ED)


2010/09/29 (水)

もうDVDの時代は終わったのかもしれんね

連日雨続きだったものの、今日はぽっかり晴れたので午後にアキバ巡回〜( ̄▽ ̄)ノ


今日の買い物は劇場版『Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』DVD、OVA『灼眼のシャナS 〜オーバーチュア 後編〜』DVD。それと・・・とらのあなでまだ店舗特典のあずにゃんピックの配布やってたので『けいおん!』4巻をもう1冊w

『Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』のDVDを購入したんですが・・・これ、DVDとBDで余りにも特典の差が違いました。

DVD(通常版のみ¥5,985):通常パッケージ、リバーシブルポスター付
BD(限定版¥9,240):描き下ろし特製BOX仕様、特製ケース入りフィルムカット、160ページ劇場版原画集、劇場版カラーイラスト集、リバーシブルポスター付、アニメイト特典セイバー図書カード

確かに¥3,000以上の価格差があるとは言え、ここまで特典に差があると、もうDVDの時代は終わったのかな・・・と考えちゃいますね。
我が家も10月11日に新しいTVが来る事になり、ようやく地デジ化の波に乗るんですが、この際合わせてBDプレイヤー&レコーダーも導入しようかと思ってます。VHSビデオデッキから一足飛びにBDへw これまでは古いブラウン管TVだったので画質はそんなに気にならなかったんですが、やはり新しいTVではその差は如実に現れるでしょうしねぇ。

OVA『灼眼のシャナS 〜オーバーチュア 後編〜』は全4本のOVAシリーズの最終巻。このオーバーチュア編はシャナが悠二と出逢う前の話で、一人の少女が紅世の徒に食われてしまった所から始まるんですが、その事実を知らずに思春期の娘との関係に悩む優しい母親の姿が本当にせつなくて、ちょっと(いやかなり)落ち込まされる物語です。観るタイミングは要注意です・・・( ノД`)カーチャン
特典でシャナのミニクリアファイルの他、電撃フェアで電撃文庫のドアプレートがランダムで5つ付いて来ました(禁書、俺の妹、オオカミさん×3)。

『けいおん!』4巻は・・・ほら、この前入手したアニメイト特典のあずにゃん架け替えカバーかけちゃうとムギが隠れちゃうし!もう1冊買わないと5人揃わないし!
あれ・・・確かそう言えば
>>まんがタイムきらら11月号付録:あずにゃん架け替えカバー
も、もう1冊買えって事か!?Σ( ̄ロ ̄;  >もうひとこえ〜@紬



本日のBGM:夜明け生まれ来る少女(『灼眼のシャナ』ED)


a-News+ 1.47

Diary Last Update : 2019/09/23 18:36:34
 当サイト「Mc-LINERS」は、私Mc.OKAZAKIのイラストギャラリーです
 Microsoft Internet Explorer 8.0にて閲覧確認をしております。
 全ての文章・画像の、無断転載・無断複製はしないでください(そういうときはご連絡ください)。
 ・・・Mc-LINERS BUNNER・・・
http://mc-liners.main.jp/img/bnr1.jpg
リンクについて
このサイトは、サークル「INDexlabel」のお仲間サイトです

tinami♪さーふぁーずぱらだいす
Mc-LINERS  All rights reserved. copyright(c) circle INDex Label.